【動物看護士が解説】犬にステロイド治療は副作用が心配?


「ステロイド」と聞くと、いい薬のイメージをもつ人は少ないと思います。実際、動物病院に勤務中でもステロイド剤を出すと、飼い主さんから「飲んでも大丈夫ですか?」と聞かれることも実際多いです。しかし、ステロイド剤は、獣医師の指示のもとで正しく服用すればとてもいい薬にもなります。
今回、ステロイドの事を正しく知ってもらうためにステロイドとはどんな薬なのかをお伝えしていきます。

クスリ、ステロイド

ステロイド剤とは

ステロイドとは?

ステロイドとは、もともとはステロイドホルモンとも呼ばれている動物の体の中にあるホルモンの一種です。
ステロイドホルモンは、性ホルモンと糖質コルチコイドと鉱質コルチロイドに分類されます。これらのステロイドホルモンは、主に腎臓の近くにある副腎という場所から分泌される副腎皮質ホルモンと呼ばれるものです。一部の性ホルモンには精巣や卵巣などから分泌されるものもあります。