ラブラドールレトリバーに服は必要?!


体力が衰えてくると、やはり犬自身も体温調整機能が鈍くなってきます。
それは冬だけではなく、夏の日にもいえることで、室内のエアコンが寒すぎたりすることで、ラブラドールレトリバーが体調を崩すこともあります。
大型犬=丈夫ではなく、年齢に合わせ、場合により、服は必要になります。

短毛のラブラドールレトリバーですが、抜け毛はかなりあります。

ラブラドールレトリバーを触ってみると分かりますが、ツヤツヤした短毛は密集して生えていて、あまり抜け毛があるようにはみえませんが、実際はダブルコートの被毛なので、抜け毛がすごいのです。

じゃあ、室内の抜け毛予防に服は必須?!いいえ。
それは違います。
四六時中、犬の服を着せるのは、犬の皮膚に決していいことではなく、皮膚疾患の原因になるので着せっぱなしは良くありません。

ただ、愛犬と一緒に人の家にお邪魔するときや、ドッグカフェへ行くときは、マナーとして服を着せることを考えましょう。
どんなに犬好きの人が集まる場所であっても、気遣いがあるのとないのとでは、気持ちの良さが違います。

皮膚疾患や手術後の保護で

ラブラドールレトリバーと暮らす中、ときには、愛犬が怪我をしたり、皮膚疾患をわずらうこともあるでしょう。
犬は自分の患部を舐めることで治そうとします。

でも、飼い主のわたしたちにとって、舐められては困りますね。
包帯をぐるぐる巻いても、結局器用に取ってしまったり。
犬は賢いです。
そこで役に立つのが「服」です。
エリザベスカラーじゃ、犬はかなりのストレスです。

それが服だったらそんなことありませんね。
傷を舐めることもできませんし、掻いて患部を悪化させることもありませんので、必要な時の服はかなり優秀な働きをしてくれます。

ラブラドールレトリバーの服の選び方

大型犬の服は、昔に比べたら、だいぶいろいろなところで見るようにはなりましたが、それでもまだ小型犬に比べたらその差は大きいですね。
大きさはちょうどいいけど、デザインが微妙だったり、デザイン、サイズ共に良さそうなものを見つけたけど、微妙に袖が少し長すぎる(短すぎる)など、なかなかうまくいきません。
どうやって、大型犬の服を失敗なく探しましょうか。
ポイントがいくつかあります。

試着OKなペットショップに直接愛犬と出向いて買う

お店にもよりますが、最近では試着用の服を置いているペットショップも少なくありません。
人の服と同じで、試着するのが失敗しない方法です。
たまの休日、愛犬と洋服ショッピングに出かけてみてください。

大型犬の服を豊富に扱っている犬服ブランドの服を探す

小型犬の洋服が多い中、中には大型犬をメインに扱っている犬用服ブランドがあります。
やはりそういうお店の服は、デザインも豊富ですし、サイズ探しに失敗が少ないです。
そういうブランドをメインに探すのも方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です