トイプードルと飼い主に必要なのは主従関係?信頼関係?

トイプードル,白

人との親子関係に似ていると常々思うのですが、親と子の間で信頼関係があるのは、子が育つ環境の中で、親が常に子を思い世話をし、いろんなことを教え、時にお互い一緒に成長して成り立ちます。
犬と人の関係もやや似ています。

しつけだけに限らず、毎日のご飯の世話、散歩、ブラッシング、そして愛情を持って一緒に遊ぶ。
そういう1つ1つの時間が信頼関係を生むのです。
自分の気分や都合で犬の世話をするという飼い主さんでは、なかなか犬との信頼関係は生まれません。

「うちの犬はなかなか私のいうことを聞いてくれない」という飼い主さん。
思い出してみてください。
毎日どんなふうに犬の世話をしていましたか?

力ではトイプードルと主従関係は築けません

一昔前のしつけ本などでは、ご飯は人が先、犬が後。
一緒のベッドで寝てはいけません。
などありましたね。
特に顕著なのがマズルコントロールやホールドスティールです。
果たしてそれらは本当に必要なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です