アメリカンスタッフォードシャーテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


闘いの最中でも、飼い主の指示を的確に聞かなければなりません。

じっと飼い主の声を聞き、それに答える姿は惚れ惚れするほどです。
また、学習するのも早いので、しつけ自体は問題なく覚えてくれるでしょう。

海外ではその能力を買われ、セラピードッグ、サービスドッグとしても大活躍しています。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの飼い方・しつけ

アメリカンスタッフォードシャーテリアはご紹介したように、とても賢く、順応性も高いので、しつけ自体は難しいこともなさそうです。

ただ、アメリカンスタッフォードシャーテリアが持つ、闘犬としての気質はいまだに健在ですので、完璧な主従関係ができていないと、思わぬ事故を起こしかねないので、注意が必要です。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのしつけで必要なこと

アメリカンスタッフォードシャーテリアは当然、個体ごとに性格も違います。

見かけによらず、小さい犬を怖がるビビリもいますし、子犬の頃から負けん気が強い、やんちゃな個体もいます。

元々の性格プラス、どのような環境で犬を育てかによって、アメリカンスタッフォードシャーテリアの性格は全く違ってきます。

まず、確実に信頼関係を築くことと、子犬時代の社会化をきっちりしてあげることが重要になります。

アメリカンスタッフォードシャーテリアとの信頼関係

どのように、アメリカンスタッフォードシャーテリアと信頼関係を構築していったらいいでしょうか。

まず、力での押さえつけは全く意味がありません
信頼ではなく、飼い主を恐怖の対象としてしか、見なくなる可能性さえあります。

ではどうしたらいいか。

犬に信頼してもらうには、まずは犬の面倒をしっかり見ることから始まります。

  • ご飯の世話
  • トイレの掃除
  • ブラッシングなどのケア

それらの世話は、犬は見ていないようでしっかりと見ています。

そして、愛情をかけて世話することで、犬は必ずその気持ちを察することができ、それに答えようとします。

そして次に、飼い主さんのブレない一貫したしつけトレーニングです。

その日の気分で教え方が違ったり、中途半端にできてないのに、褒めたりは絶対にダメです。

基本はできたら思い切り褒める。
失敗したら無視。
ダメなものは、日が変わってもダメです。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのトイレトレーニング

アメリカンスタッフォードシャーテリアを迎えたら、トイレをきちんと覚えるまでは、ケージで生活をさせます。

外に出すのは、トイレを成功させた後と、遊んであげる時です。

ケージの中にはトイレトレーと寝床、お水を準備します。

できれば、寝床とお水以外のスペース全部にトイレシートを敷きましょう。

そうすることで、どこでトイレをしても成功になるので、ひたすら褒めるしつけが出来、アメリカンスタッフォードシャーテリアのやる気も出て、覚え方が格段早くなります。

とにかく、足の感覚でどれがトイレかを覚えさせるのです。

トイレを上手に出来たら、思い切り褒めるのと、ケージから出し、しばらく遊んであげるとより一層、トレーニングを頑張るようになります。

トイレのタイミング

  • 起床後
  • 食後
  • 水を飲んだ後
  • 遊んだ後

これらのタイミングを見て、トイレを促しましょう。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの散歩の仕方と頻度

アメリカンスタッフォードシャーテリアは体力がありますので、ある程度の運動量は毎日必要になります。

また、運動不足からストレスが溜まり、余計なトラブルを招くこともゼロではありませんので、しっかりと運動をさせてやることが必要です。

必要な散歩の頻度は、1日2回、1回につき60分以上

特に成犬の頃は体力がありますので、積極的に運動をさせましょう。

アメリカンスタッフォードシャーテリアにドッグランはおすすめしません

運動不足解消のために、ドッグランはとても有効ですが、アメリカンスタッフォードシャーテリアをドッグランに連れて行くのは、注意が必要です。

アメリカンスタッフォードシャーテリア自体の闘争心が出やすく、犬同士ケンカになってしまうと、アメリカンスタッフォードシャーテリアの場合、大事になり兼ねません。

どんなにしつけがされていて、大丈夫という自信があっても、周りの飼い主さんのことを考慮すれば、避けたほうが無難でしょう。

または、最近では貸切ドッグランなどもありますので、それらを利用するか、山など広いところで、ロングリードで思い切り走らせましょう。

ただし、子犬の場合は、まだまだ攻撃性もありませんので、他の犬に慣れさせるチャンスなので、積極的に参加してもいいでしょう。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのお手入れ

アメリカンスタッフォードシャーテリアのお手入れは長毛種の犬に比べれば、楽な方です。

では実際どんなことをすれば良いのでしょうか。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのブラッシング

アメリカンスタッフォードシャーテリアは意外と抜け毛が多いのです。

また、被毛が短いため、抜け毛が洋服にチクチク刺さることがあるので、換毛期は特に、頻繁にブラッシングすることをおすすめします。

ブラッシングには獣毛ブラシを使うと、皮膚のマッサージにもなり血行が良くなるので、被毛と皮膚両方のケアができます。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのシャンプーで臭い&抜け毛ケア

アメリカンスタッフォードシャーテリアは臭いが気になる犬種ではないので、そこまで頻繁にシャンプーをする必要はありません。

月に1回程度を目安に、シャンプーをします。

シャンプーをすることで、余計な死毛がごっそり洗い流せるので換毛期にはシャンプーはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です