ポメラニアンの毛並みのお手入れ。ボサボサ対処法とは?


ポメラニアンの毛ぶきとは?

ポメラニアンの毛並みは、ダブルコートでふさふさとしたストレートの被毛を持っています。
他の犬種と比べても毛量が多いのが特徴です。
ポメラニアンの被毛の状態が良く毛量が多いことを「毛ぶきがいい」と呼びます。
ポメラニアンはこの「毛ぶき」で、皮膚の病気や栄養不足、甲状腺の病気などの健康状態が分かると言われています。

またダブルコートの犬種の場合、死毛となった下毛を取り除かないと毛玉になるだけでなく、カビや菌などで不衛生となり皮膚病になってしまうことがあります。

毛並みのお手入れ方法

ポメラニアンのふさふさの毛並みを維持するためには定期的なブラッシングとシャンプーを行いましょう。

ブラッシング

ブラッシングには、マッサージの効果もあり新陳代謝を促す、血行を良くするというメリットがあります。
何より、ポメラニアンと飼い主さんとのコミュニケーションの時間にもなります。
できれば毎日、少なくても週3日のブラッシグを行いましょう。

ブラッシングには、スリッカーブラシで毛玉をほぐしたあと、コームを使ってとかしていきましょう。
特に、耳の後ろ、脇、尻尾周りなどは毛玉になりやすいのでできればブラッシングしましょう。

シャンプー

シャンプーはぬるま湯で毛の根本・皮膚までしっかりとシャワーをかけて、洗い流すときもシャンプーが皮膚に残らないようしっかりと洗い落としましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です