あなどるべからず!!犬の目やに


色で見分ける犬の目やに

犬の目やには色によって判断することができます。

白や黒、茶色

涙に老廃物や汚れ、タンパク質などが混ざって目やにとなります。
基本的に病気の心配をする必要はありませんが、涙やけの原因となり皮膚炎になることも考えられるので、きれいに拭き取ってあげましょう。

また急激に目やにの量が増えた時や、いつもと違う目やにが出た場合は、例え白や黒、茶色の目やにであっても、すみやかに動物病院で診てもらいましょう。

黄色や緑

要注意の目やにです。
菌の増殖によって膿がたまっていたり、感染症、結膜炎や緑内障などが疑われるため、早急に動物病院で診てもらいましょう。

目やにを伴う病気

目やにが出る代表的な病気には、以下のような病気があります。

流涙症(涙やけ)

常に涙が目の周辺に溢れている状態のことです。
流涙症の原因は2つあり、ゴミや毛などの刺激による涙の過剰分泌と、鼻涙管が閉塞しているためです。

マルチーズやトイプードル、シーズーなどの鼻の短い犬種に多くみられます。

白内障

眼球内にある水晶体が白く濁った状態のことです。
視力が低下して、放置すると失明のおそれもあります。

柴犬やトイプードル、M・シュナウザー・アメリカンコッカースパニエルなどに多くみられます。

緑内障

眼球の内側から外側に強い圧力がかかり、視野が悪化します。
眼球突出や失明のおそれがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です